パネェ内職 > 2006 > 02 > hate-mongers-beware.html

私達人間は様々な掟の中で生活をしています。

 

掟というと閉鎖的なイメージがありますが、社会的に統制をとるという意味ではなくてはならないものです。

 

掟にも種類があり、村の掟、ヤクザの掟、宗教での掟、本質的には全て同じです。もし掟というものが存在しなかったら、人々の生活は滅茶苦茶なものになっていたことでしょう。

 

知らず知らずのうちに人間は暗黙の了解で掟を作り上げてきたのです。キリスト教などのような宗教の掟というのが一般的で、「神の掟」というものも存在します。

 

この「神の掟」を守り続けることで人生の幸福を得て、栄光を約束されるといいます。

 

そして、もしこの掟を破るようなことがあれば、災難や悪疫があり永遠の罪があると警告されたそうです。

 

中には厳しい掟も存在し、それを守ることによって人は何かを得てきたのです。現在では掟という言葉はあまり聞かなくなりましたが、法律やスポーツなどのルールと同じような意味を持っており犯罪の抑制にもなっています。

 

掟によって何かを抑制するということは、自分の欲にも負けないようにしなければいけないこともあり、人間的にも成長できるものなのです。

 

掟が作られた歴史は古いといわれていて、人類が集団で行動するようになってからは、自然と掟のようなものが存在していったそうです。

 

集団において、結束を固くするためにも掟というものは必要不可欠であり、それが現在の社会でも役立っていることは間違いないでしょう。

 

 

内職を始める前の準備運動


メールで稼ぐ


懸賞応募で当てる


アンケートモニターで稼ぐ


お試しサンプルで稼ぐ